2012年07月04日

ユーロ終わってメルケルご機嫌ナナメ

ユーロ2012
ファイナル&総括

スペイン 4-0 イタリア

スペインは、歴史に燦然とその輝きを残した。
この国際大会3連覇なる結果は、相当の実力差がないとできないこと。
ありえない世界だ。
讃えるしかない。

僕は、開幕前にスペインは勝てないと予想していたけど、初戦のセスクのトップ起用を目の当たりにして、「スペインの優勝ある」と書いた。
今回のユーロをスペインが制したのは、セスクふぁぶれがすのトップ採用にあると言っていい。

だから、デルボスケというコーチが陰のMVPだと思う。
その後のトーレスの使い方なんか見ててもね。

決勝は残念だった。
先制されたイタリアには、もう絞り出すオリーブオイルがなかった。
初戦のイタリアと、準決勝のポルトガルとをミックスしたような戦術を取りたかったんだろうけど、うまくいかなかった。

そして、この試合はシャビのヤル気が相当のものだった。
ファイナルについては、シャビがMVP。
異論はないところだろう。


さて、
ユーロも終わり移籍市場の話なんかで盛り上がっていますが、僕は来季のチャンピオンズでユベントスが暴れまくる予感を感じている。
最近も、イスラを獲得したニュースが報道されていたけど、かなりいい感じっぽい。
イスラとか、めちゃくちゃいい補強じゃないかな、ユーべの方向性からしたら。

そして、オリンピック。
メンバー見ただけで、気絶しそうなスペイン代表の初戦は日本代表(笑)

注目のGB代表は、ベッカムが選にもれたけど、なかなか面白いメンバーが揃っている。
スタリッジが出場微妙でなく、アーセナルの彼が怪我してなければ、優勝候補筆頭なんだけど。
ただ、かなりいい線までは昇るはず!


最後に、ユーロの個人的
ベストイレブン
(スペインに敬意を表して433)
※もともとの要求が高い人で、それ以下のパフォーマンスの方は入っておりません。


ブッフォン
マッジォ、ペペ、キエッリーニ、アルバ
ピルロ、デニソフ、シロコフ
ロイス、該当なし、シルバ

イニエスタは決勝でみせたものの、準決勝での不具合感が気に食わなかった(ネグレドのせいもあるが)。
シャビは迷ったけど、余計なコメントにより選外。

9番ポジションは該当なし。
この風潮を止めるストライカーに出会いたいものだね。

最後に、ユーロでのクラブ別ゴール数
マドリー 8
マンシティ 7
ヴォルフスブルク 5
バイエルン 4
チェルシー 4

シティも来季が楽しみだけど、マンチョである限り…な気もする。
去年は、あれだけ混戦にならずに優勝できてたはずだもんな〜

それでは、新シーズンにまた会えることを楽しみにしておきますね〜(^-^)

さっかーがだいすきなみなさんと!!


posted by katsu at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | EURO2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

偽だらけ。

ユーロ2012
ラストマッチ

イタリア - スペイン

いよいよ大詰め、天王山、千秋楽。
いつもそうだけど、ここまで来たら能力だけでない勝負の要素も少なからず現れてくる。
フットボールの女神の、気まぐれ。

とにかく、ここまでたどり着いた2チームに最大限の賞賛を送りたい。
そして、いいフットボールをして欲しい。
それだけなり。

決勝は「偽」対「偽」の対決になると面白いな、と個人的に考えているところ。(「偽ナントカ」なる表現はあまり好きでないけど、時流に迎合してます(笑))
列車を眺めながら。

イタリアは、初戦で見せた352システムを「偽」システムにするような気がする。
ここでのキーマンは、
デロッシ!
彼のポジションに注目したい。
偽4番としてどんなプレーをするか、非常に楽しみ。
デロッシが彼に対するマークを動かすことで、スペイン陣内に「ひずみ」が生まれる。

逆にスペイン。
前日会見でボスは
3人のストライカーと3人の前線の選手を使う、
と話している。
これはあくまで、全部で6人、という意味なんじゃないか?と思えたりする。
さらに、ボスはイタリアについて中盤の選手の名前を3人上げていたけど、そこにデロッシの名前がなかった。
「どうせデロッシは、最終ラインで使うんだろ」という挑発にも聞こえる。

このゲームにデルボスケは「偽2トップ」のプランを用意しているような気がしてならない。

ネグレド、トーレスのどちらかがスターターに入っている予感がある。

トーレスは、イタリア戦でやらかしまくったけど、どこかで必ず使う。デルボスケらしいやり方からすれば。

なので、予想するなら
カシージャス
アルベロア、ピケ、ラモス、アルバ
アロンソ、シャビ、ふぁぶれがす
シルバ、トーレス(ネグレド)、イニエスタ

トーレスが、ないな〜という空気を見せたら、即ペドロ。

あとは、イニエスタのスタミナが心配かな。

両者のシブいベンチワークにも注目が集まるファイナル。

僕はイタリアが勝ちそうな予感をおぼえる。
通過する列車を眺めながら。

あとはWOWOWの実況さんが、選手名を間違えまくらないことを祈る。
「そこにモッタ?」的な感じで、よく見ずに実況だけ聞いていると、それこそ、偽、だらけになっちゃうからね(笑)
posted by katsu at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

ドイツは青かった

ユーロ2012
SFA
イタリア 2-1 ドイツ

点は入ったものの、凡戦と言えなくもない。

ドイツをイマイチ押せなかった、彼らの悪いところが、出てしまった。

若さと、初戦で感じたCBの脆さ。

若さとの典型が、エジルとクロースの守備の役割の修正のなさに出たし、攻撃面でもこの2人は良さを消し合うようにすら見えた。

でも、これはレーブの責任でもある。
彼はクロースを中に寄せることで、ピルロとデロッシのケアを企んだのだろうけど、イタリアの方が老獪だった。
作戦に対応され、むしろイタリアから見て左サイドに空間を作ることになった。

そして、なぜポドルスキにこだわったのかも分からない。
彼がいい選手であることは認めるけど、このレベルの大会と相性が良くないのは、最初の試合で分かったはずだけどなぁ。

だからスタメンを見てガッカリしたよね。
ゴメスだし…。←これは個人的な趣味です。

チームも青かったけど、レーブもまた青かった。
ドイツは青かった。
by ガガーンリン

その残念さ加減が、このゲームの面白さを削いでしまった。
ドイツの不完全燃焼ぶりが。


対してイタリア。

これは逆に、バロテッリという超キーマンが結果的に2点取ったことが大きい。

決勝は
スペインとイタリア。
いよいよユーロも終わり。
なんとなく、大きな盛り上がりに欠けた気がするのは、僕だけだろうか?
僕の感性が落ちたのだろうか?

最近、モドリッチが来るだのなんだの騒がれているけど、金額を考えたら必要とは思えない。
大金払ってでも獲得するなら、アロンソの代わりになりうる若い選手(しばらくはサブでも我慢できる子)かな〜と。
シャヒンをもう一年試してみて欲しい。
posted by katsu at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | EURO2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。