2014年06月12日

ざっくさんから おねがいしてほしいです

さっかーがだいすきなおじさんが わーるどかっぷに いくかもしれません。

おじさんは、ざっくさんの さぽーとめんばーにえらばれているみたいです。

だいひょうせんしゅの はっぴょうのまえのひに ざっくさんから でんわがあったと、おじさんがいっていました。
ざっくさんは、こんかいは おおくぼさんをよびます、ごめんなさい とおじさんにいったので、おじさんは
「おーけー、ぼくには まだ つぎがある。がんばれ ざっく」
と、おうえんしました。

おじさんは、ときどきざっくさんから、でんわがなります。
「あ、ざっくだ」といって、おじさんは でんわをもっておはなしをしにいきます。
ぼくも、ざっくさんとはなしてみたいです。
ろなうどさんの さいんを おねがいしたいです。


それから、おじさんは、ずっと はしっています。

きのう、おじさんにあったから、おじさんに、わーるどかっぷをいっしょにみようね、といいました。

さっかーがだいすきなおじさんは、
「おじさんも、もう、としだから、ぜんしあい みられないかもしれない。だから、はしって、たいりょくをつけている」
といっていました。
そして、
「だから たばこを やめた」
と、じまんしていました。ちょっと、いいひとだとおもいました。
ままにおしえたら、ままもびっくりしていました。


でも、きょうのゆうがた、いえにかえったら、まらそんのかっこうのおじさんが、たばこをすっていました。

ぼくは、おじさんに、どうしてたばこをすってるの?とききました。

そうしたら、さっかーがだいすきなおじさんは
「これは、きぼう というたばこだ」
と おじさんはいいました。

ぼくは、よくわかりませんでした。

「これは、きぼう なんだ」
もういちど おじさんが いいました。

それから、さっかーがだいすきなおじさんは、ぽん、と、てをたたきました。

「よし、それじゃ、おじさんがたばこをすったら、おまえのいのちを うばってもらうよう、かみさまにおねがいしよう」

どういうこと?とぼくは おじさんにききました。

「おれが たばこをすったら おまえが しぬ」
「おじさんが たばこをすったら ぼくがしぬの?」とぼくは、もういっかいききました。

さっかーがだいすきなおじさんは、
「おじさんが おまえを まもってやるから しんぱいするな」
といいました。
ぼくは、いみが よくわかりませんでした。

ぼくが、いろいろかんがえていたら、おじさんはいいました。
「だったら、ろなうどが わーるどかっぷで ごーるをきめるまでにしよう。それまでにおれが たばこをすったら、おまえが しぬ。もう かみさまと やくそくしたから。けってい。けってい」

ぼくは、かみさまが でてきたから、こわくなってきました。
かみさまだったら ぼくを ころせます。
なんで、おじさんは そんなやくそくを ぼくにないしょで するのかまったくわかりません。

おじさんは ぼーるのないところで またぎふぇいんとをしながら、
「ろなうど と おじさんが おまえのいのちをまもるから、まかせろ」
と はしっていきました。

よるになって くらくなったら ちょっと なみだがでました。
しぬのは いやです
ままに きいたら だいじょうぶといって あいすをくれました。
でも こわいです。


ろなうどさん はやくげんきになって ごーるを きめてください。

ぼくより。


2014年02月02日

ろなうどさんが、すきです

さっかーがだいすきなおじさんは、いそがしいみたいです。


しょうひぜいが、あがるからみたいです。

しょうひぜいがあがるので、おじさんとさっかーをみるじかんが、へりました。


ひとりでみるのも、おもしろいけど、おじさんがいたほうが、いいです。


もうりーにょさんが、かんとくをやめました。

かわりに、ちょっとふとったおじさんがきました。

あんっちぇろってぃさんです。

ちょっとふとっているけど、やさしそうです。

みんな、こわくないので、いいとおもいます。


めのおおきな、えじるさんがやめました。

きいたとき、かなしかったです。

いぐあいんさんも、やめました。




このまえ、ろなうどさんが、ばろんどーるをもらいました。

ぼくは、とてもうれしかったです。

ろなうどさんが、ないていて、びっくりしました。

とてもうれしいから、ないているのだと、ママがいっていました。

それをきいて、もっとうれしくなりました。

ぼくは、ともだちにも、ろなうどさんが、ばろんどーるをもらったといいました。

そしたら、みんな、めっしさんのほうがうまい、といいました。

ろなうどさんは、めっしよりへたくそだと、いってわらいました。

ぼくは、かなしかったです。

ほんとうは、やくざのひとみたいなひとが、ばろんどーるをもらうはずだったのに、ろなうどさんがもらったと、ともやくんの、おにいちゃんがいっていました。

かえりみち、たばこやさんのところで、なみだがでました。

なんで、みんな、ろなうどさんをほめてくれないのか、かなしいでした。

ろなうどさんが、かわいそうでした。

かなしかったので、いえにかえって、りょうりをしているママにいいました。

また、なみだが、でました。



よる、ねようとおもったら、さっかーがだいすきなおじさんが、ぼくのへやにきました。

おじさんは、「おいわいだ、おいわいだ」といって、けーきをだしました。

けーきには、「おめでとう ろなうど」、とチョコレートで、かいてありました。

さっかーがだいすきなおじさんは、

「すきなものは、すきでいい」「そのりゆうは、さがさなくて、いいぞ。」

と、いいました。

ぼくは、からだじゅうが、とても、へんなふうに、あつくなりました。

けーきは、とてもおいしかったです。

おじさんは、「べーるのひだりあし!」といいながら、きっくのふりをずっとやっています。

よくわからないけど、おじさんのことも、ときどき、すきです。

2012年03月11日

ろなうどさんは べてぃすまでいれて32ごーるです

さっかーがだいすきなおじさんは、さいきん、ふっとさるばっかりしています。
そして、いつも、あしがいたい、あしがいたい、といっています。

おじさんは、おじさんがすきな、いんぐらんどのゆにふぉーむをきていきます。
せばんごうは、5ばんです。
じずーさん、というひとと、おなじばんごうをえらんだといって、くるくるまわっていました。

にちようのあさに、ままとあさごはんをたべました。
しょくぱんと、じゃむと、めだまやきと、すーぷをたべました。
そしたら、おじさんが、あるいてきました。

おじさんは、

ららら らららー ららら らららー

と、うたをうたっていました。
うたは、から の みすたー でした。

ぼくは、おじさんに、おじさんは から さんがすきなの?とききました。
そしたら、さっかーがだいすきなおじさんは、なんにもいわずに、きゅうにうたをやめて、
「きょうもしあいだから、たくさんたべないとな」と、いいました。

ぼくは、おじさんがきこえていないのかとおもったので、もういっかいききました。
「おじさんは、から の みすたー がすきなの?」
そうしたら、おじさんは、
「かか と みすた?かか と みすた はどっちもすきじゃないなー」といいました。

おじさんは、ききまちがえたみたいなので、ぼくはさっかーせんしゅじゃなくて、うたをうたうひとのこと、といいました。

そしたら、おじさんは、そんななまえの、かんこくのあいどるのことはしらない、といって、しょうゆをめだまやきにかけました。
おじさんは、ままに「しょうゆ、かけすぎ」とおこられました。

おじさんは、どうして からさんが、かんこくのひとだとわかったのか、よくわかりませんでした。
だから、もういっかいだけ、いおうとしたら、おじさんがきゅうにいいました。

「くりくりろなうどちゃんの、ごーるすうは?べてぃすせんのまえで、だぞ。りーがだけな。」

ぼくは、いっしょうけんめい、おもいだそうとしました。
2しあいまえまでは、おぼえていたけど、ろなうどさんは、ほとんどまいしゅうごーるするので、かぞえられなくなっていました。

「ろなうどが、だいすきなんじゃないのか?」

ままのたんじょうびをわすれて、がっこうの、こうもんのまえでおもいだして、かなしかったときみたいなきもちになりました。
そのひは、いえにかえって、ままに、ないてあやまりました。
でも、ぼくは、ろなうどさんのごーるすうをまちがえたら、ろなうどさんに、あやまるほうほうがわかりません。

おじさんは、ぼくをみて

こたえてよ みすたー
たのむから みすたー
わすれないで みすたー

と、うたいました。

おじさんは、ぜったいに から のことをしっています。
ぼくは、かなしいのと、おもいだせないのと、はらがたつのと、どうしたらいいのかわからなくなりました。

そしたら、おじさんは、
「おまえのだいすきな、らすさんのごーるすうは、・・・ぜろ。」
といってから、
ららら らららー ららら らららー
と、うたいながら、でていこうとしました。

さっかーがだいすきなおじさんは、どあのところで、まるせいゆるーれっと、といって、くるっとせなかからかいてんしました。
そしたら、きのう、おばあちゃんがぼくにおくってくれた、だんぼーるにあしがあたって、おじさんはかべにあたまをうって、どーんとこけました。

さっかーがだいすきなおじさんは、あしがいたい、あしがいたい、あたまもいたい、といっています。

ぼくのおばあちゃんが、さっかーがだいすきなおじさんにおこったのだとおもいました。

おばあちゃんはいつも、ぼくのみかたです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。