2017年09月12日

2017年09月11日にツブヤいたこと(twitter)








posted by katsu at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

2017年09月09日にツブヤいたこと(twitter)


























posted by katsu at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

メディアは古い。乗り物にしよう。

アラベスに勝って、ワルシャワのチームにドロー。

ジダンの超マイペースなやり方も悪くはないけど、ロナウドの扱いだけはどうしても感心しない。

某WOWOWのリーガダイジェストでは、アラベス戦後に「復活」なんて言っていたけど、ワウさんのフットボールメディアとしてのレベルの低さを嘆きたくなる。

メディアが批判し始める前から、愛をこめてロナウドに移籍を勧めてきたワシは、今頃ロナウドに不平を言うメディアはメディアで気に食わないけどね。

そう考えると、大失敗に終わったけど、ロナウドをアンタッチャブルと扱わなないようにしようとしたベニテスの試みは惜しかったと言わざるを得ない。
在任中も、僕はベニテスをそのことだけは高く評価していた。
いま振り返っても、学級委員ベニテスならではの、冷静な状況判断だったと思う。
もちろん、生徒たちがついて来られなかったのは、やり方の間違い。
正しいことが常に受け入れられるとは限らない、進め方次第であることを、歴史が苦手な学級委員には分からなかった。

しかし、
あれは紙一重の、でもとても重要なポイントだったのかもしれない。
そしてベニテスにとっては(本人が意識していたかどうかは別として)まさに、クビをかけた方針になった。


そこで僕は考えた。
もし、ジダンがBBCという言葉の響きにこだわって、ロナウドを外せないとしたら、どうだろう?
より良い語呂合わせが見つかるまでは、BBCをいじれないと思っていたら、どうしよう?

何とかして、よりよいトップのフォーメーションの語呂合わせをジダンに伝えなくては。
ジダンに伝えに行かなくては。

ジダンに会いに行かなくちゃ。


傘がない。


金もない。


というわけで、来る夜も来る夜も、ワシは語呂を考え続けたのじゃ。
いっそ、語呂の為にベンゼマぼっちゃままでスタメンから外そうかと考えたぐらい。
いっそ占い師に決めてもらおうかと思って、これじゃホドルやないかい!と自分でツッコミ入れて、ニヤリと笑って。


でも、できたのです。

傘をさして、君の町に行けるぐらいの立派な前線の組み合わせを見つけたのです。


B(ベイル)B(ベン様)C(クリステ)の時代は終わった。

そして、2016-17シーズンは、BMWの時代になる。


B(ベンゼマ)
M(モラタ(ないしマルコアセンシオ))
W(Welsh。ウェールズ人)

最後のウェルシュがいいよね。
語感の「孤高さ」がいいよね。

これでジダンも安心できるはず。

メンバー発表のとき、

『ベンゼマァ…、モラータァ…、ウェルシュ!』


みたいなね。

ごめんな、ロナウド。
posted by katsu at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガエスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする